手作りがいい?

ワンちゃんには手作りという買い主さんもいます。一体ワンちゃんには、ドッグフード、手作りごはん一体どっちが良いのでしょうか。

獣医の先生いわく、手作り食は栄養計算が難しく、栄養が足りなくなると言います。人間だって、同じものばかり食べていれば、栄養が偏って良くないということはおおかた理解出来ることです。つまり、一生懸命栄養のことを考えてワンちゃんに食べ物を与えてあげることができれば、手作りだって全然問題はないですし、ワンちゃんだって、それを求めているのではないでしょうか。ただし、人間のご飯も作らなければならないですし、プラスしてワンちゃんの栄養のことまで考えるなどということが、なかなか日常生活において面倒くさくてできないのです。

ワンちゃんは、昔から人間と共存して生きて来たのです。ワンちゃんにはドッグフードという区別した発想自体に違和感があるのかもしれません。ドッグフードは完全食なのでしょうか。栄養のことをしっかり考えて作っているものがドッグフードです。ただしワンちゃんだってドッグフードに飽きることがあり、そのとき、ドッグフードをころころ変えるのも、ワンちゃんがグルメ欲が出てしまうため良くないと言います。

ワンちゃんだって美味しいものは分かります。ワンちゃんがそのドッグフードを食べてくれないのは単に美味しくないからです。ドッグフードならドッグフードで良いのですが、ワンちゃんに一番合っているものを選んであげるようにしたいものです。手作りごはんはやっぱり面倒くさい……という買い主さんも、せめてもうちょっとだけドッグフードを真剣に選んであげて欲しいものです。

デメリットもある

実際に、現在のようにドッグフードが定着した理由は非常に明確です。今、ワンちゃんにドッグフード以外のものを与える場合、手作りごはんという言い方をしたりしますが、ドッグフードがない以前には、手作りごはんが当たり前で、いちいち手作りごはんという言い方をすることもありませんでした。これほどまでに、ドッグフードがどの買い主さんの家庭においても定着したのは、間違いなく簡単便利で、安い価格で購入できるからにつきます。

しかし愛するワンちゃんにドッグフードだけでいいのかデメリットについても追求しなければなりません。ドッグフードが実際にこのように定着したというものの、ドッグフードには、まだ50年程度の歴史しかないというのも正しい言い方です。

価格が安いと言いましたが、それがそのままデメリットとしてあげることができます。スーパーで鳥、豚、牛と言った肉を買えば100g200円程度のお金を支払いしなければなりません。ドライタイプのドッグフードは腐りにくくするために水分を10%ほどに乾燥するので7倍程度の量も必要となってきます。そして、 加工費用、輸送費用、そのようなコストもかかってきます。しかし、ドッグフードはやっぱり値段が安いのです。それを計算してみると、ほとんど原材料が無料です。

賞味期限は明確になっているものの、製造年月日は明確になってませんよね。ドッグフードは、賞味期限が2年ほど大丈夫だったりして、 もしも、丁寧に2011年2月製造と書いてあれば、この期間の持ちようは異常と思い、ドッグフードなんてワンちゃんに絶対に与えないという気持ちにもなってしまうのではないでしょうか。

総合栄養食

ドッグフードを購入すれば、賞味期限は2年程度あって、いきなり12kgのドッグフードを購入してしまえば、8か月程度、そのドッグフードでもたせることができてしまうのです。いちいち買い主さんの食事のことも考えて、ワンちゃんの食事のことも考えなければならないなんて、やっぱり主婦の方々も面倒くさいと思っているはずです。ドッグフードは、手間がかからないということが大きなメリットとして考えることができます。

そして、更にドッグフードのメリットは、とても準備も簡単だということです。ワンちゃんに食事を与えるとき、ドッグフードに計量カップを入れて、ボウルに開ける、たったこれだけでOKです。数秒程度で完了してしまうなんてやっぱり凄いです。更に、ドライタイプのドッグフードの場合、床にコロコロと零れても、部屋を汚すことがありませんし。

そして、ドッグフードは栄養をしっかり計算してくれているので、ドッグフードを与えていれば、ワンちゃんは健康をしっかり維持できてしまうのです。

ほとんどのドッグフードは総合栄養食です。それは、 水とそのドッグフードだけで健康を維持し続けられる食品という意味です。これって、本当にワンちゃんにとって大きなメリットではないでしょうか。

参考サイト→→高品質ドッグフード【カナガン】です。
犬の健康を考えた総合栄養食(ドライフード)です。

ペットフードを与える

可愛いワンちゃんに対して、いつもペットフードばかり与えることに対して、買い主さんはちょっと抵抗をもっていたりするのではないでしょうか。しかし、ドッグフードにはドッグフードのメリットは間違いなく存在しているのです。

ドッグフードが誕生したのは、1960年と言います。それ以前、ドッグフードというモノは世界に存在していなかったのです。1960年以前、ワンちゃんの買い主さんは、いつだって、手作りで餌を与えていたのです。おそらく、買い主さんが食べた残りモノを餌として与えていたのでしょう。しかし、今、ほとんどの買い主さんがドッグフードを使っており、ワンちゃんに与えています。もうほとんど、ワンちゃんの食事イコールドッグフードという感じになってしまったのではないでしょうか。

ドッグフードを利用するメリットは、やっぱり価格が安いことです。12kg入り2400円のドッグフードを購入したという場合、2400円というお金を支払いしなければならないのですが、1日当りの給与量が50gだとして1日当り食費は10円程度なのです。これは、ほとんど、ワンちゃんに対して、食事の問題はドッグフードを与えることで経済的にクリア出来ているはずです。

ドッグフードは安く購入ができ、そして、腐らないですし、カビが生えて来ません。開封後、常温保存でもなぜか腐らないなんて、とても使い勝手が良いのです。更にドッグフードについて触れていきます。